三ぽいという言葉

茨城県民のことを「三ぽい」と言い表すことがあるって知ってますか?この言葉をみただけでは「疑問符」が浮かびますよね。
説明すると「飽きっぽい」「怒りっぽい」「忘れっぽい」茨城県民の気質を言い表してものなのです。
「本当にそんな気質なの?」と思ってしまうかもしれませんが、正直なところこの気質はかなり当てはまると思います。
だって茨城の女性は大変怒りやすいことで知られていますからね。
「飽きっぽい」「忘れっぽい」はいいとして「怒りっぽい」は気をつけないと出会いのチャンスを棒に振りかねません、この点はしっかり注意するように心がけましょう。
怒りっぽい茨城女性を上手に制御したいのなら「相手を否定しない」のが重要です。
男女に関係なく、茨城県民だけではなく誰だってそうですが、自分のことを否定されて喜ぶ人はいないと思います。
他の県の出身者なら「私のことを思って注意してくれている」といい風に思ってくれる可能性もありますが、茨城の女性にそれを期待してはいけません。
無駄なケンカの素になりますので本当に危険だと認識してください。
相手の話を肯定し受け止めるようにしましょう。
さらに茨城の女性はおしゃれを好みますので、一緒に会話できるくらいのファッション知識は必要だと思います。
ファッションの知識は他でもいろいろな場所で使うことが出来るので、出会い系サイトを活用したり、女友達を募集している人は、少なからずファッション知識を仕入れておいた方がいいと思います。
基本として、おしゃれな男性が嫌いな女性は存在しません。

好みの相手になかなか出会えない

ネットの優良出会い系サイトで使用するお金の額は悪徳サイトでなければさほど高額ではありません。
なので誰もが優良の出会い系サイトの会員登録をすることが可能で、大きな抵抗はないと言えます。
問題はそのサイトで相手を求めて、好みの相手になかなか出会えないことだと言えます。
メールやりとりだけなら出費はあまりかからないでしょう。
定額制ならさらに安心です。
しかし、そのメールのやりとりが進展して 実際に出会うことになると、まず自分と相手とどちらの住む場所で会うか、さらに待ち合わせ場所を決定して、その場所まで行かなければならないので、当然そのための交通費がかかってきます。
お互い近い場所に住んでいるのなら会うことにさほど交通費はかかりませんが、仮に遠距離だった場合交通費が嵩んでしまいます。
会員の中には多くの交通費を払ってまで会う必要があるのかと思う人も存在するかも知れません。
その理由は相手と絶対に会えるという確証がないからです。
とりあえずこの問題はクリアしたとして、次は会ってからのことです。
顔を合わせ「初めまして こんにちは。
ではさようなら」ということは ありえないので、どこか2人で話が可能な場所に移動しないといけません。
駅の改札口で立ち話しなどというわけにはいきません、会った時間帯によって異なりますが、大抵は飲食店に行くと思います。
その場合男性は財布との相談が必要になります。
常識的に割り勘ということには出来ないですし、女性が飲食代を支払うことはないと言えます。
ここで、あまりケチると出会いのムードがなくなってしまいます。
なので、出会う場合はある程度の出費は予定しておかなければなりません。

たくさんの記事を見ること

人に何か伝える時には「5W1H」で話せば伝わりやすいといいます。ビジネスではよくこの表現が使われますが、
出会い系サイトでも「5W1H」を使うといいかもしれませんね。
まず、5Wは「いつ、どこで、何を、誰が」・・・と目的語を現します。
そして1Hは「どのように」と説明が必要なときに使われます。出会い系では特に1Hに重点を置いて下さい。
どのように攻めるのか?を少し考えてみましょう。
出会い系サイトの掲示板にはたくさんのカキコミがあります。
そのカキコミを見て気に入った女性がいたらアプローチメールを出していると思いますが、それだけではまだ十分ではありません。
掲示板は表示されているページだけを見るのではなく、過去100件ぐらいをさかのぼってみましょう。
なぜ、古い記事も見るのかというと、同じ人が同じ内容のカキコミをしていないかチェックするためです。
何度も同じ内容の記事を投稿している女性はサクラや援助交際の可能性が高いです。どちらにしろお近づきにはなりたくないですね。
それにたくさんの記事を見ることで、その掲示板の特徴が分かります。
例えばご近所さんの出会い系サイトだと、どこの地域が多いのか、またどの辺りまでアプローチが可能なのか(電車で1時間ぐらいが目安など)
傾向がつかめてきます。それにどんな募集が多いのかもたくさん記事を見る事で分かります。
上手に攻めるためには情報は多ければ多いほどいいですよね。攻め方はいつも同じではよくありません。
単刀直入に言った方がいいのか、警戒心を解くためにゆっくり攻めた方がいいのか
1人1人攻め方は違います。まとめてコピペメールが上手くいかないのはそのためです。
まずはどう攻めるべきか?を知るために、掲示板の特徴をつかむところから始めましょう。

忙しい中でも出会い

20代の女性が体験した出会い系サイトで恋人を見つけたお話をご紹介しましょう。
私は学生時代を卒業してから、社会人として仕事に集中し没頭する毎日を送るようになっていきました。
その為彼氏も出来ず、一人の生活が続き淋しい思いをしていたのです。
しかし、周りの友人達に恋人がいる影響もあってか私も欲しくなり、彼女達に話を持ちかけてみました。
ですが、今の時代友人の紹介から彼氏を射止めるというのは大変みたいです。
出会いのきっかけやチャンスがないのでどうすればいいのか悩みました。
そこで、出会い系サイトというものに短期間ではありますが登録してみようかと考えたのです。
それまで出会い系サイトなどに登録した事は全くなく、その為どんな人達と出会えるのかなんて想像も付きませんでした。
しかし、サイト内のホームページを見ると登録者が多く、また各ジャンル別に分かれている為、目的に見合った相手を検索する事が出来ることを知ったのです。
出会い系と聞くとやはりHなイメージしかなかったのですが、誠実な出会いを求めている人もいるということもあり、安心感を持って利用する事が出来ました。
そうはいっても最初から彼氏を見つけるなんて出来ないだろう…なんて先入観があったのです。
しかし、幸運な事に同じ世代の男性と知り合うことが出来たのです。
彼とは数回食事を重ね、交際を始める事が出来ました。
登録している男性の中には割り切った関係というものを求めている人もいます。
ですが、私はその様な事が嫌いですし、はっきり言ってタイプではありません。
ですから今の彼と出会えたのを嬉しく思えますし、感謝しているのです。

出会い系のリスク

現在の一般社会には、出会い系サイトは今や当たり前の存在になっていますが、どこにでもありふれたものになっているからこそ、その分リスクも多いのです。
ネットを開くとよく目にとびこんでくる広告ですが、『登録料無料で会えます!』と謳っているサイトは、ほとんど信用性のないものです。
そういうサイト程、後から高額な請求をかけられたり、心当たりのないサイトに勝手に登録されていたり、悪質業者である可能性が非常に高いのです。
また、サクラが多くいるのも、こういう悪質サイトがほとんどなので、くれぐれも注意して下さい。
真面目に出会いを探していても、悪質サイトばかりに騙されていては、全ての時間を無駄に消費している事になります。
確かに、そんなサイトも多く存在していますが、反対に、優良サイトもちゃんとあります。
では一体、どういうところで判別すれば良いのでしょうか。
まずは確認して頂きたいポイントがあります。
登録する際に、『契約内容や利用規約をご確認下さい』という画面が表示されていますか?それは分かりやすい所にありますか?利用規約などは、登録者が確認をとりやすいようにしておかなければいけません。
迷惑メールや不当請求のメールの中に『規約違反です』とありますが、もし確認しやすい箇所になかった場合は、サイト側が違反している事になります。
また、無料サイトに登録しただけなのに、知らないうちに有料サイトにも登録されていたという時は、その無料サイトが有料サイトと、裏で提携していた場合によくある話ですので、メールが届いても、スルーしておいて下さい。
優良サイトを選ぶ時は、有料か定額制のサイトが一番安全かと思います。
もしそれでも不安だと言う人は、ネットで優良サイトを選抜し、掲載しているサイトも、近頃は増加傾向にあります。
何事も、最初のリサーチがカギになってきます。
これらをうまく利用していけば、必ず良いサイトに巡りあえると思いますよ。

会話に困らない

リアルの世界で人と会う時に厄介なのは、ずばり、多人数でスケジュールを合わせて調整することではないでしょうか。
気ままに過ごす学生時代とはやはり少し事情が違いますから、いつでも大丈夫なんてことはあまりないのです。
それでも、誰かとつながり合ったり、お付き合いがしたいのは誰だって同じです。
となるとここは、お付き合いの方法を変えなければなりません。
そこで便利なのが出会い系サイトと言うわけなのですが、ちなみに皆さんは出会い系サイトにアクセスする時、携帯電話からアクセスしますか、それともパソコンを開いてアクセスしますか?別に、それぞれが自分に合った方法でアクセスればいいのですが、お勧めはやはり、携帯電話とパソコンの両方からアクセスできるサイトを選んで登録することでしょう。
探せばそう言うサイトもちゃんとあります。
と言うか、最近ではほとんどのサイトがそのようになっているはずです。
それから、サイトを利用して誰かと仲良くなるメリットをもう一つ。
基本的に、メールでのコミュニケーションを楽しむ場合は、上手く話についていけなくて困ると言う事がほとんど起こらないのです。
返信が遅すぎるのはあまりにも問題ですが、かと言って、リアルの会話のように沈黙が続いて場がしらけると言う事がないのです。
これもサイトならではのメリットですよね。
どうも口下手で、人と話すのが苦手と言う人が、一歩一歩コミュニケーションを積んでいくことができるのです。

様々な目的の人々

出会い系サイトには、様々な目的を持ったたくさんの人が登録しています。
出会い系サイトの数はもはや数え切れない数になっていますから、その無数にある出会い系サイトに出会いを求めている人は、本当に多くの、無数の人が登録しているといっても過言ではないでしょう。
現在日本は国際社会化していますので、たくさんの外国人が日本に滞在しています。
ビジネスで来日している人、留学生、就労目的で来日している人など様々な目的で来日しています。

場所も、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツなどのヨーロッパ、中国、韓国のアジアなど実に多くの国と地域の人がいます。
そして、これら外国人の人たちも出会い系サイトに登録しているのです。
外国人は来日の目的は異なりますが、日本に興味があって来日しているのであり、いわば日本人との出会いを求めているのです。
日本人と結婚したいという人はそれ程多くはないかもしれませんが、より多くの日本人と友達になって日本のことをいろいろ知りたいと思っていることでしょう。

そして、そんな外国人は、優良出会い系サイトに登録しているのです。
あなたもそんな外国人が多く登録している優良出会い系サイトに登録すればフランス人と友達や恋人になれるのです。
もちろん、その先には結婚ということもあるでしょう。
外国人が登録している出会い系サイトは有料サイトが多いようですが、定額制のところが多いので安心して使えます。
サイトには検索機能が充実していて、国籍、学歴、宗教などについても検索できるようになっています。

外国人とお付き合いするときに宗教の問題は重要ですね。
その他の事項についても検索オプションによって絞り込むことができますので、あなたの希望にあった人を探すことができるのです。
日本人女性は外国人に人気がありますので、外国人男性と日本人女性というマッチングが多いようですが、その逆もあります。
優良出会い系サイトを利用すれば外国人との出会いに巡り会うことができますよ。

出会い系サイトとサクラとの関係

 ネット上の出会い系サイトの中には優良出会い系サイトと明記してあるサイトもいくつも存在しますが、この優良出会い系サイトとサクラとの関係について考慮してみようと思います。

もともとサクラというのはパチンコ店などで入口付近に朝っぱらから陣取り、ドル箱の山を築いている打ち手を指す言葉で、要するに客に玉の出る店だと思わせるオトリの一種なのですが、出会い系サイトの場合のサクラは女性会員を装い男性に気のあるフリをする姿なきオトリのネット空間の中に出没する女性(男性の場合もあります)。

出会い系サイトの料金体制がポイント制のケースでは男性会員がサクラの女性とのやりとりする場合、メールを使って連絡をとりあうことになりますが、このメールは1回当たり○○ポイントといった風にポイントが消費されます。
そしてこのポイントがサイト運営会社の売上になるのです。
ポイント制の場合は当たり前のことですが、サイト側は男性に出来るだけ沢山のポイント消費させたいのです。
ポイントが消費される程売上や利益が発生します。
そういう事情でオトリ作戦を実行するのです。
サクラの仕事は男性からの連絡メールに話を合わせて気をもたせたりする内容のメールを送ることで、それが可能なら年齢性別は関係ありません。

だが、定額の場合はどれだけメールをしても値段は変わらないし、そのための利用料金は発生しないので、サクラの存在は必要なくなります。
こう考慮するとサクラはどの出会い系さいとにも存在するのではなくポイント制の会員の場合に注意を払えばいいと言えます。

今や貴重な存在

無料の出会い系サイトは今や貴重な存在となっていますが、こうした場所であれば時間的制限もないですし、お金の心配をする必要もないので、有料の出会い系サイトとは違った楽しみ方があるかと思います。
出会うことを目的ではなくて、ただ単にお話相手が欲しい場合にも使えるかと思います。
無料の出会い系サイトは色々なタイプの人が存在しているというのが特徴なので、こうした特徴を生かした利用法を習得してみましょう。
普段なら、会うために近県の人ばかりと話す人も、あえて遠くの人に話しかけてみるのも面白いかと思います。

実際に行かないと分からないようなその地域の特徴だったり、名物の話しをしたり、話題には事欠かないかと思います。
他の人と話をするときのネタに使うこともできるでしょうし、視野が広がるかと思います。
自分がその地域に旅行に行く際には、詳しいガイドをしてくれるかもしれないですし、おすすめのお土産を教えてくれるかもしれません。
話しをしていくうちに仲良くなって、「今度会いにおいでよ」という話しが出るようになるかと思います。

たいてい、「そうだね。今度時間あえば遊びにいくね♪」などと返してはくれるものの、本当に会うようになるかどうかは難しいところだと思います。
ここで、あなたが時間とお金を使ってわざわざ会いにいってあげたとしたら、相手はかなり驚くかと思います。
まさか、本当に遊びに来てくれると思わなかった!と思うとともに、わざわざここまで来てくれたことに嬉しさを隠せないと思います。
他の人ならしないようなことを、何とか努力して会うようにしてくれた姿勢をきっと高く評価してくれるはずです。

その後も何度か相手のところへ訪れてもいいでしょうし、信頼感が増せば、相手の家族にも会えるようになるかもしれません。
逆に相手の女性の方があなたの地元に訪れてくれるようになるかもしれません。
こうした関係を作ることができれば、距離感を苦にすることなく、お互い深い信頼で包まれた良いお付き合いができるようになるかと思います。

攻めのパターンと守りのパターン

出会い系サイトの掲示板を攻略するには、攻めのパターンと守りのパターンがあり、他にも色々なアプローチの方法があるわけですが、その中でも実際に出会える可能性が一番高いのが、守りのパターンと言われています。
なぜなら、守りのパターンというのは、自分は書き込みをして相手の女性がメールをくれるのを待っているだけなのですが、自分の書き込みに対して何らかの興味を持ってくれた女性がメールをくれるので、攻めのパターンのように自分のメールが無視されるといったこともなく、一歩有利な地点からスタートすることが出来るわけです。

出会い系サイトで素晴らしい確率で出会いを成功させている友人を知ってますが、彼のスタイルもやはり守りのスタイルが主なパターンのようです。
攻めも守りも文章を書くということは同じスタートなので、同じ労力を使うのなら無視される可能性が高い攻めのパターンよりも、上手な相手の気をひくような文章を投稿して、メールを待つ守りのパターンの方が有利なのではないかと思います。
出会い系の掲示板を攻略するにはこの守りのパターンを確立することが一番なのですが、どのような書き込みをすれば成功率が上がるのかといったところがみなさん不安なのではないでしょうか。
どのような文章を書けば女性からメールがくるのか、それを分かっていれば何も困ることはないわけです。
女性も色々な人がいるわけで、この言葉を書けば100%大丈夫といったようなセリフはないものです。

たっだ、自分が女性だったらこんなメールをもらえたら嬉しいだろうなということを頭の中で考えて、逆の立場になって、こんな書き込みがあったら自分ならメールを出したくなるという内容を記載すればよいのです。
相手がどのようなことを求めているのかを考えなくてはいけないので、攻略としては難しいかと思いますが、これも経験をふんでいるうちに慣れてくるものです。
最初のうちは、上手に書けなくても徐々に書けるようになるので、さほど心配しなくてもよいかと思います。

ただ、掲示板には地雷といって、書いてはいけないものも存在するので、こうした地雷だけはふまないように、成果をだしていきましょう。
地雷についてはこれからの記事で詳しく説明させていただきたいと思います。